マネジメントテーマ59タイトル

経営能力開発研修MANAGEMENT CAPACITY DEVELOPMENT

中堅社員管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    幹部社員、役員向けのコンテンツです。成功している人が実践している習慣、考え方、勝ち残るためのアイディアなどを収めたコンテンツです。
  • 研修の目的
    個を育て、育てた個を活かし組織を育てる。多くの実例から、自社に合った考え方やフレームワークなどを身に付けることが目的です。

社長の心得

ビジネスマンのベストコンディション

ミッションの重要性について~ライフコンパス理論~

強い組織づくり~社員が主体的に仕事にコミットするために~

小宮一慶に学ぶ!最近の経済情勢と2018年の見通し

成功し続ける経営トップの良い習慣

㈲シンプルタスク No.1習慣形成コンサルタント ナニワのメンター 吉井 雅之
講 師
吉井 雅之ヨシイ マサシ
有限会社シンプルタスク
No.1習慣形成コンサルタント
ナニワのメンター
プロフィール
喜働会会長。JADA【日本能力開発分析】協会認定SBT1級コーチ 1958年 神戸市生まれ。30歳にして自身の成長のため、数多くの能力開発セミナーに参加。大手石油会社にヘッドハンティングされ、マネージャー研修に参加する。この体験が後の活動に大きな影響を与え、エネルギー関連企業を中心に各種教育を担当する。 2005年 「人生の成果を一人ひとりが創りだせるお手伝いを志事とする」コンサルティングオフィス『有限会社シンプルタスク』を設立。以後、大人を元気にする為に「喜働力塾」を...もっと見る>札幌、東京、名古屋、大阪で開催、各種人材育成トレーニングや講演、セミナーで全国各地を廻り15年で50,000人の実践トレーニングを行う。多業種にわたりコンサルティングを請け負う一方、子供の夢を叶える為に「親子で夢を叶える習慣術セミナー」等も意欲的に取り組む。 2012年 喜びを持って働く大人で日本中をいっぱいにするため「共に学び、共に成長し、共に子供たちの見本となる大人になろう」をコンセプトに「喜働会」を発足。2013年17年間で約1万人の方々と関わったコンサルタントの実績をもとに、自身2作目となる「成功する社長が身につけている52の習慣」を出版。

不透明な時代に勝ち残る!「今」伸びている企業の経営戦略

事業環境分析研修BUSINESS ENVIRONMENT ANALYSIS

中堅社員管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    企業におけるキャッシュフロー管理の重要性、ファイナンシャルプロジェクション策定に必要な項目と手順など、経営幹部けのコンテンツです。
  • 研修の目的
    キャッシュフローを経営に活用できるスキルをはじめ、環境分析の基本と、単一事業と複数事業に分け、それぞれの環境分析を身に付けることが目的です。

キャッシュフローの活用と財務計画の立て方

首都大学東京大学院 教授 マトリックス株式会社 代表 松田 千恵子
講 師
松田 千恵子マツダ チエコ
首都大学東京大学院 教授
マトリックス株式会社 代表
プロフィール
東京外国語大学外国語学部卒業。仏国立ポンゼ・ショセ国際経営大学院経営学修士。筑波大学大学院企業科学専攻博士課程修了。博士(経営学)。日本長期信用銀行、ムーディーズジャパン格付けアナリストを経て、コーポレイトディレクションおよびブーズ・アンド・カンパニーでパートナーを務める。2006年にマトリックス株式会社設立。11年より現職。企業経営と資本市場にかかわる豊富な経験を生かし、...もっと見る>企業の経営戦略構築・中期計画立案支援、グループ経営、コーポレートガバナンス、情報開示、M&A支援等に関するアドバイザリー、研究及び教育を行う。日本CFO協会主任研究委員。公的機関、上場企業の社外役員等を務める。主な著書に『格付けはなぜ下がるのか?大倒産時代の信用リスク入門』(日経BP社)、『戦略的コーポレートファイナンス』『成功するグローバルM&A』(以上、中央経済社)『グループ経営入門』(税務経理協会)、『これならわかるコーポレートガバナンスの教科書』(日経BP社)等。

事業環境分析

新規事業開発研修NEW BUSINESS DEVELOPMENT

中堅社員管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    新規事業の事業計画に最も必要なものは「現実性」でしょうか。もしくは「論理性」や「創造性」でしょうか。幹部社員、マネージャークラス向けのコンテンツです。
  • 研修の目的
    新規事業プロジェクトの基本を押さえた上で、自社を客観的に捉えること、アイディアを柔軟な姿勢で修正できる姿勢などを学んでいくことが目的です。

「事業計画」の作り方

首都大学東京大学院 教授 マトリックス株式会社 代表 松田 千恵子
講 師
松田 千恵子マツダ チエコ
首都大学東京大学院 教授
マトリックス株式会社 代表
プロフィール
東京外国語大学外国語学部卒業。仏国立ポンゼ・ショセ国際経営大学院経営学修士。筑波大学大学院企業科学専攻博士課程修了。博士(経営学)。日本長期信用銀行、ムーディーズジャパン格付けアナリストを経て、コーポレイトディレクションおよびブーズ・アンド・カンパニーでパートナーを務める。2006年にマトリックス株式会社設立。11年より現職。企業経営と資本市場にかかわる豊富な経験を生かし、...もっと見る>企業の経営戦略構築・中期計画立案支援、グループ経営、コーポレートガバナンス、情報開示、M&A支援等に関するアドバイザリー、研究及び教育を行う。日本CFO協会主任研究委員。公的機関、上場企業の社外役員等を務める。主な著書に『格付けはなぜ下がるのか?大倒産時代の信用リスク入門』(日経BP社)、『戦略的コーポレートファイナンス』『成功するグローバルM&A』(以上、中央経済社)『グループ経営入門』(税務経理協会)、『これならわかるコーポレートガバナンスの教科書』(日経BP社)等。

フレームワークを使った新規事業開発のポイント

株式会社ロ-ドフロンティア 代表取締役 並木 将央
講 師
並木 将央ナミキ マサオ
株式会社ロ-ドフロンティア
代表取締役
プロフィール
数多くの経験とランチェスター戦略理論との出会いにより、コンサルティングノウハウ・ドウハウを確立。 それを基にした市場参入戦略、売上向上戦略の実践導入。企業防衛のための業績対応型賃金システム構築や、利益向上のための経営改善の指導、新たな収益創造のためのビジネス戦略など、机上論でなく現場主義の実践的活動で70数社の指導実績をもつ。

「事業企画スキル」養成講座

商品開発コンサルタント 美崎 栄一郎
講 師
美崎 栄一郎ミサキ エイイチロウ
商品開発コンサルタント
プロフィール
1971年、横浜で生まれ大阪で育つ。大阪府立大学大学院工学研究科を卒業後、花王株式会社で約15年勤務ののち、現在は、独立し、商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家として活動中。 手がけた商品は、アタック、ニュービーズ、ワイドハイターなどの日用品から、化粧品のブランドであるレイシャス、ファインフィットまで幅広く、プロジェクトリーダーとして自社のリソースと他社とのコラボレーションを推進。...もっと見る>ニコンとの共同開発の多視点画像解析システムは、テレビや新聞などでも取り上げられた。 プライベートの活動でも、社外の社会人向けに勉強会や交流会を多数主催し、NHKをはじめ多くのテレビや雑誌、本などで紹介されている。築地朝食会、社長大学などを開催することで、毎月のべ150名以上の社会人を集め、業務以外の情報交換により、仕事では直接関わりのない人たちで1,000名以上のゆるやかなネットワークが生まれている。異業種でも多くの人脈を持っているため、いつのまにか「スーパーサラリーマン」と呼ばれるように。 仕事がうまくいくようになったのは、仕事の記録の取り方、つまりノートの書き方が元になっている。ほぼ日手帳、能率手帳、ザウルス、PALM、グーグルカレンダー、100円ノート整理術など、さまざまな方法を試し改良し、仕事の実体験に根づいて現在に至る。 アナログとデジタルを組み合わせるノート術は、今では私の行動力の源泉になっている。会社人としてだけではなく、個人として世の中で活躍できる社会人を目指している。

事業計画の実務

株式会社リーディング・イノベーション 芦沢 誉三
講 師
芦沢 誉三アシザワ ヨシゾウ
株式会社リーディング・イノベーション
プロフィール
1982年、早稲田大学理工学部卒業。石油開発のエンジニアリング会社を経て、 日本能率協会コンサルティング入社し、約14年間、新規事業開発、及びマーケ ティング関連のコンサルティングを行う。その後、株式会社ヨコオにて事業開発の実務経験を積む。 現在、株式会社リーディング・イノベーション取締役&シニアコンサルタントとして、中堅・大手企業の新規事業開発、並びにベンチャー のインキュベーションの支援を行っている。...もっと見る>事業開発に関する豊富なコンサルテ ィング経験と実務経験を有し、理論と実践の両面からの解説に定評がある。

戦略立案研修STRATEGY PLANNING

中堅社員管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    経営幹部や中小企業の経営者向けに、環境分析や経営理念、長期目標設定、戦略の展開やその広がりについてじっくり学べるコンテンツです。
  • 研修の目的
    事業戦略の全体図から「集中戦略」や「差別化戦略」といったスキーム、自社に合わせた外部環境と内部環境の分析力を身に付けることを目的とした研修です。

戦略立案の実務

株式会社 日本総合研究所 総合研究部門 部長/プリンシパル 学術博士/中小企業診断士 手塚 貞治
講 師
手塚 貞治テヅカ サダハル
株式会社 日本総合研究所
総合研究部門 部長/プリンシパル
学術博士/中小企業診断士
プロフィール
東京大学文学部社会学科卒業。 NTTにて営業及び企画業務に従事後、㈱日本総合研究所入社。 一貫して成長支援コンサルティングに従事、戦略策定から実行支援まで幅広く担当。一方、コンサルティング業務の傍ら、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。ベンチャー企業論を専攻し、理論と実践の両立を目指す。

経営計画策定研修MANAGEMENT PLAN

管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    経営幹部向けのコンテンツです。自社の状況分析から、金融機関の審査プロセス、公的制度などについて解説しているコンテンツです。
  • 研修の目的
    税理士などの専門家との交渉や、経営改善計画を行うプロジェクト、法的知識などを取り入れ、円滑に進めていけるノウハウを身に付けることが目的です。

経営改善計画の立案手法

株式会社ファインビット 代表取締役社長 中村 中
講 師
中村 中ナカムラ ナカ
株式会社ファインビット
代表取締役社長
プロフィール
三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)本部、支店長、関連会社取締役等を経て2001年に株式会社ファインビットを設立。 「東洋経済」誌が選んだ「著名コンサルタント15人」の1人。 著書には、銀行交渉のための「リレバン」の理解(中央経済社)などがある。株式会社マネジメントパートナーズ顧問。

税理士等との連携コンサルティング入門

株式会社ファインビット 代表取締役社長 中村 中
講 師
中村 中ナカムラ ナカ
株式会社ファインビット
代表取締役社長
プロフィール
三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)本部、支店長、関連会社取締役等を経て2001年に株式会社ファインビットを設立。 「東洋経済」誌が選んだ「著名コンサルタント15人」の1人。 著書には、銀行交渉のための「リレバン」の理解(中央経済社)などがある。株式会社マネジメントパートナーズ顧問。

経営実践事例研修BUSINESS PRACTICE CASE

管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    経営幹部や中小企業の経営者向けに、競合他社との差別化をどう行えばいいかを、様々な具体例を用いて学んでいけるコンテンツです。
  • 研修の目的
    他社との差別化を行うためには、セオリーはあるが、セオリーだけでは正解にたどり着かない。大手か中小か、自社の強み・弱みには何かを知ることが目的です。

ケースで学ぶ 競合他社との差別化思考

名城大学 経営学部 教授 博士(経済学) 大﨑 孝徳
講 師
大﨑 孝徳オオサキ タカノリ
名城大学 経営学部
教授 博士(経済学)
プロフィール
1968年大阪市生まれ。民間企業勤務後、長崎総合科学大学助教授に就任。ワシントン大学マイケルGフォスター・ビジネススクール客員研究員を経て、現職。九州大学大学院経済学府博士後期課程修了、博士(経済学)。 主な著書に『「高く売る」戦略:プレミアム商品“こだわり”の源を探る』(同文舘出版)、『プレミアムの法則』(同文舘出版)など。

ケーススタディ:一人一億を稼ぎ出す、スゴイ会社の非常識な、中小企業経営の鉄則

山本化学工業 代表取締役 社長 山本 富造
講 師
山本 富造ヤマモト トミゾウ
山本化学工業
代表取締役 社長
プロフィール
大阪市出身。1981年近畿大学経営学部卒業。在学中にフロリダ州立国際大学に留学し、多国籍企業論を学ぶ。卒業後、父の経営する山本化学工業に入社。1984年、父親が60歳になるのを機に、26歳の若さで社長就任。その直後にアメリカからアンチダンピングで提訴され、翌年にはプラザ合意の打撃をこうむる。「一難去ってまた一難」、売上げは半減し、それまで商社経由だった販売を直取引きに切り替え、...もっと見る>電卓とプライス表を持って世界中を回ったという。社長を務めて10年目に、尊敬する伊藤忠商事越後正一元相談役の教え通り、今後は自分の好きなことをやろうと、高機能素材へのシフトを図る。少林寺拳法4段。

ケーススタディ:会社を成長させるためのリーダーの仕事術

ケーススタディ:逆境に打ち克つ 経営者の心構え

ケーススタディ:経営とは生きること~45年間のファミリービジネスを通して~

ケーススタディ:最強経営者の思考法 ~松下幸之助と孫正義から直接学んだ実践リーダー学~

ケーススタディ:宗次流 成功する経営哲学

カレーハウスCoCo壱番屋創業者 株式会社壱番屋 創業者特別顧問 宗次 徳二
講 師
宗次 徳二ムネツグ トクジ
カレーハウスCoCo壱番屋創業者
株式会社壱番屋
創業者特別顧問
主な講義内容
  • 姿勢が大切
  • 率先垂範
  • 社会貢献
収録時間:68分
プロフィール
生後まもなく孤児院に預けられ、3歳で「宗次」姓の養父母に引き取られる。養父のギャンブル狂によって各地を転々とし、養父母の離婚の後は養父と2人、生活保護を受ける極貧の少年時代を過ごす。 自ら学費を稼ぎながら高校を卒業。不動産仲介業をしているときに現在の夫人と出会い結婚。名古屋市に喫茶店「バッカス」を開店し、接客重視の経営が奏功する。2号店、3号店を出店するうちに、メニューの中でカレーライスの人気が爆発し、...もっと見る>1978年「CoCo壱番屋」の1号店をオープン。 フランチャイズシステムを確立させ、現在は国内外の店舗で1,350店を超える。また、ハワイや中国、台湾など海外へも出店し現在も拡大中。2005年5月に東証一部上場。 自身は、2002年をもって会長職を退き、現在はNPO法人「イエロー・エンジェル」を設立。文化施設の設立や慈善活動に精力的に取り組んでいる。 また、講演会活動も精力的に行なっており、経営者向けや起業家向けセミナーなどで、その語録は多くの経営者の指針となっている。

ケーススタディ:全社員 生産性10倍計画 ~1人500円かければ、会社は確実に儲かる!~

ケーススタディ:本気にならなければコストダウンは進まず

ケーススタディ:“無印良品流”勝ち続けるための仕組みづくり

ファミリービジネスとは何か?

サンシングループ 代表 明治大学専門職大学院 専任准教授 博士(経営学) 石井 宏宗
講 師
石井 宏宗イシイ ヒロムネ
サンシングループ 代表
東京福祉大学 非常勤講師
博士(経営学)
プロフィール
サンシングループ代表、博士(経営学)、東京福祉大学非常勤講師。1971年生まれ。青山学院大学経済学部卒、明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。
実業家として、企業再生、部品メーカー・海外商社・ITコンサル会社など7社を起業。また、実父より専門商社を承継。一方で、経営学の研究者として、収益管理会計、ファミリービジネスを専攻。さらに、10年以上にわたり大学講師を歴任。実業・研究・教育から、経営の本質を追求。...もっと見る>
主要著書には『経営とは生きること』(単著,税務経理協会,2011年)、『経営分析ワークブック』(関利恵子先生との共著,創成社,2012年)、「ファミリービジネスの定義 -先行研究のレビュー-」(単著,『MBSレビュー』,2018年)、他、書籍、学術論文、学会報告、多数。

中小企業のケーススタディー(2)
ムラコシグループ100年の歩み

社内教育設計研修INTERNAL EDUCATION DESIGN

中堅社員管理職経営者

  • 研修内容・対象者
    幹部社員向けのコンテンツです。研修やセミナー講師の養成の方法として、必要となるマインド、講義の際のプレゼンテーション等を学んでいきます。
  • 研修の目的
    専門知識を持って登壇するには、様々な要素の理解と、手順を踏んで学んでいくことが重要です。そのための知識やミニワークを知ることが目的です。

教育担当者・社内講師の養成講座

トゥ・ビー・コンサルティング株式会社 代表取締役 潮田、滋彦
講 師
潮田、滋彦ウシオダ シゲヒコ
トゥ・ビー・コンサルティング株式会社
代表取締役
プロフィール
1964年東京都生まれ。東芝エンジニアリング㈱で営業職を担当後、企業内人材開発講師の道へ。独立を経て、27年間以上一貫して第一線の研修講師として活動中。1万2千時間以上の講師登壇、のべ12万人以上の受講者との出会いがあり、250以上の企業や自治体にて研修を実施。研修登壇は丸一日の研修を年間220日。現在、トゥ・ビー・コンサルティング株式会社代表取締役。受講者の研修満足度が高く、...もっと見る>研修のリピート率が95%を超える。実践心理学である、米国NLP協会認定トレーナーの資格を持つ。 「学ぶことの楽しさ、成長することのワクワク感」を日本中のビジネスパーソンに伝えるために、全国を飛び回る日々を過ごしている。米国NLP協会認定トレーナー。DiSC(ソーシャルスタイル分析)認定トレーナー、経済産業省認定・情報処理上級システムアドミニストレーター、ITコーディネーター、ハーマンモデル(脳優位性分析)認定インストラクター。